おすすめアイテム

おすすめ 機能性に優れたオシャレなロードバイク用サングラス

ロードバイクのサングラス選び方

フィット感で選ぶ

ロードバイク用のサングラスを選ぶ際に、最も重要となるポイントは、自分の顔にフィットするかどうかです。
フィット感は非常に重要なポイントで、欧米とアジアでは鼻の高さや骨格なども違いますので、欧米メーカーのサングラスは特にレンズ部分と顔が触れ合っていないか、ズレないかなどをチェックしてください。
最近はアジア向けにアジアンフィットモデルなども出ていますので、アジアンフィットモデルであれば日本人にもフィットしやすいサングラスになっています。

ロードバイクはスピードが出ますので、高速で走っていてもズレたり外れたりしないことが必要です。
また、ロードバイクは常に前傾のポジションで走ります。
そのため、走行中は上を向いたような視線になりますので、上を向いた視線でも視界が確保されているサングラスを選びましょう。

 

レンズの機能で選ぶ

サングラスのレンズには色々な種類がありますので、下記にまとめました。
使用用途や好みに合わせてレンズを選んでください。

調光レンズ

調光レンズは紫外線の量に応じて、レンズの色が変化するレンズで、光が強く当たる時はレンズが濃くなり、光が弱くなると薄くなります。
日差しの強い日中は眩しさから目を守り、トンネルなど暗いところに入ると色が薄くなって視界を確保してくれる優秀なレンズです。
早朝から夕方まで長時間走る際や、トンネルの多いコースなどを走る時にストレスなく走ることができます。

 

偏光レンズ

偏光レンズはレンズカラーをそれほど濃くしなくても、目にストレスやダメージを与える光はカットし、必要な可視光線はそのまま透過する優れたレンズです。
一般的なサングラスは光の透過率を下げるため、強い光を防ぐ際はレンズカラーを濃くしなければならないため、対象物を見づらくしてしまいますが、偏光レンズではその心配が不要です。

 

クリアレンズ

クリアレンズは色の付いていないレンズで、裸眼に近い状態で視界を確保できる特徴があります。
昼間は紫外線を防ぎ、夜間やトンネルなどでは視界を確保し、かつ虫や小石の飛散を防いでくれます。
視界の色味が変わるのが苦手な方や、夜にライドされる方などはクリアレンズを選びましょう。

 

ミラーレンズ

ミラーレンズは鏡のように物が反射して写るレンズで、レンズ表面にミラーコーティングがされています。
太陽の眩しい日差しを反射する効果があり、目をしっかりと守ってくれます。
真夏の強い日差しにはミラーレンズおすすめで、ファッション性の高さもポイントになります。

 

 

 

ロードバイクにおけるサングラスの役割

ロードバイクに乗っていると、前を走っている車やロードバイクから小石が跳ねてきたり、虫が目に飛び込んできたりすることがあります。
そのような時に目を保護する役割のサングラスは、ロードバイクに乗るときの必須アイテムと言っても良いでしょう。
万が一、転倒した時にも顔や目を保護するという重要な役割もあります。
また、風で目が乾燥するのを防ぎ、太陽の紫外線から守ってくれるので、サングラスをしているのとしていないのではライドの際の疲労度も変わってきます。

ロードバイク用の機能性に優れたサングラスの中でも、特にオシャレなサングラスををご紹介します。

 

ロードバイク用サングラスのご紹介

OAKLEY(オークリー)

オークリーの代表的なロードバイク用サングラスと言えば、ジョウブレイカー(JAWBREAKER)です。

ジョウブレイカーは、大きめのレンズで周辺視界エリアを広げ、ライド時の視野を確保します。

また、簡単にレンズ交換できるスィッチロックテクノロジーにより、ライドシーンに合わせたレンズを装着することができます。

特にPrizm Roadレンズはロードバイク用に調整されたレンズで、色調やコントラストを強調し、細部までくっきりとした視界を確保します。

路面状況がはっきりわかる安全性も高いサングラスです。

 

 

 

オークリーJAWBREAKER(ジョウブレイカー)の記事はこちら

こちらもCHECK

Oakley
オークリー ジョウブレイカーはロードバイクに最適なサングラス

続きを見る

 

 

100%(ワンハンドレッド)

100%のサングラスはここ最近急速に人気が出てきているサングラスです。

なぜなら、ロードバイク界のスーパースターであるペテル・サガン選手が愛用しているサングラスだからです。

そんな100%の中でご紹介するのは、SPEEDCRAFTというモデル。

ロードバイクでの頭を下げたライディングポジションでも前が見えやすいように、中央を凸形状に出っ張らせた独自のデザインを採用したレンズが、高い機能性を生み出しています。

 

 

 

Rapha(ラファ)

ラファのサングラスはとにかくオシャレ。

中でも、プロチーム フレームレス グラスはフレームが無くスッキリとしたシルエットと、軽量で負担が少なく、ライドの時にも疲れません。

ラファのウェアとコーディネートすれば上級者の仲間入りです。

 

POC

POCのサングラスは、スキー用ゴーグルの開発からスタートしており、その知識と高い技術から開発されています。

ロードバイクとマウンテンバイクにおける路面や自然環境で最大限の視認性を確保できるよう設計されていますので、デザイン性と機能性が両立したサングラスになっています。

POCのサングラスは、POCのヘルメットに最も似合うように設計されていますので、ぜひヘルメットと合わせてコーディネートしてください。

 

 

 

まとめ

ロードバイクでは目を保護するために、サングラスは必須のアイテムと言えます。
サングラスのブランドによって特徴があったり、フレームの形状やレンズによって、視界の見え方や機能はそれぞれ違ってきます。

ロードバイクやウェアに合った、最高のサングラスを見つけてくださいね。

 

-おすすめアイテム
-,

© 2022 はじめよう!ロードバイク