おすすめアイテム

ロードバイクを盗難から守る!鍵の選び方とおすすめの鍵

ロードバイクの盗難方法について

ロードバイクは高価で軽量。常に盗難のリスクがある乗り物です。
大切なロードバイクを盗まれないためにも、まずはどのような盗難方法があるのかを知ってください。

 

鍵と一緒に全部を持ち去られる

ロードバイクの重さは10㎏前後であり、大人一人で簡単に持ち運びができます。
そのため、ママチャリのようにタイヤだけロックするような鍵のかけ方では、鍵と一緒にロードバイクを盗難されてしまいます。
鍵をかける時は、必ず建物や看板、大きな木などの人力では絶対動かないものとロードバイクを連結(地球ロック)するか、仲間の複数のロードバイクと連結して駐輪しましょう。

 

鍵が切断され持ち去られる

ロードバイクに乗るときはなるべく荷物は軽量なものにしたいですね。ただし、鍵については重さとセキュリティーレベルはトレードオフの関係にあります。

ワイヤーはホームセンターに売っている工具で簡単に切断されてしまうので、長時間の駐輪の場合はワイヤーやケーブルではなく、鎖(チェーン)などの簡単には切断されないものを使用してください。
なるべく長時間の駐輪は避けるようにしましょう。

 

パーツを盗られる

ロードバイクのパーツは工具一つ、ホイールに至っては工具なしで脱着が可能です。
フレームにいくら頑丈なロックをしていても、高価なホイールが簡単に盗まれてしまうなんてこともありますので、必ずホイールとフレームを一緒にロックしてください。
よく前輪だけでロックしているようなロードバイクも見かけますが、そのようなロックは前輪以外、全部盗難されてしまう恐れがあります。
できれば前後のホイールまで届く長さの鍵、もしくは前後で二つの鍵を使用してロックしたいですね。

また、サイクルコンピューターやライトなども高価なものです。
駐輪した際にはこれらのアイテムは必ず外して、持って行ってください。

 

 

ロードバイクに使用する鍵の種類

ロードバイクは高価で軽量、常に盗難のリスクがある乗り物です。
大切なロードバイクを盗まれないためにも、鍵についてよく理解し、適切な鍵を選びたいですね。

 

ワイヤーロック

ロードバイクで出かける時には最もポピュラーで、利用されている方が一番多いのがワイヤーロック。
くるくるっと巻いて、サドルバックやポケットに入る携帯性の良さがメリットです。
ワイヤーの太さによってセキュリティーレベルは変わってきますが、基本的には簡単に切断されてしまいますので、複数で使用するか、目の届かないところでの駐輪にはあまり使用しないようにしましょう。

 

 

私もライドの時にはこれを使用しています。

 

 

 

相方
コンパクトなこの鍵と併用すると前後輪ロックできて良いよね!

 

 

チェーンロック

チェーンロックは鋼鉄製の鎖でできており、ワイヤーロックより防犯性能は高いですが、重さがありますのでリュックなどを使用しないとライドの時に持っていくのは難しいです。
盗難リスクが高くなる街中や、ショッピングセンターなどに駐輪する際は、最低このレベルの鍵は使用したいですね。
長さもありますので、地球ロックもしやすく、重さの問題を除くと、使い勝手の良い鍵です。
通勤や通学などでロードバイクを使用する時は、チェーンロックレベルのセキュリティは確保しましょう。

 

 

このABUSというメーカーは自転車用の鍵で有名ですよ。
鍵ごとにセキュリティーレベルがあって分かりやすく、選びやすいよね。
相方

 

U字ロック

ロードバイクで利用する鍵の中では一番切断されにくく、盗まれにくいですが、重く大きいので持ち運びには適しません。
ロードバイクを屋内で保管できず、どうしても屋外で保管しなければならない場合は、このU字ロックを使用してください。
ただし、長さは短いので、チェーンロックなどと併用でセキュリティレベルがぐっと上がります。

 

 

まとめ

ロードバイクの鍵は、使用するシーンごとに適切な鍵を選択する必要があります。

ワイヤーロックよりもチェーンロック、チェーンロックよりもU字ロックがセキュリティーのレベルが高く、そのため重くもなります。

どんな鍵を使っても、盗難のリスクは常にありますので、ロードバイクから目を離す時間を極力減らしましょう。

 

 

-おすすめアイテム
-,

© 2022 はじめよう!ロードバイク